2021年下半期によく読まれたアユダンテコラムは?

2021年12月06日
ライター:アユダンテ 株式会社

2021年も残りわずか。今年もアユダンテから多くのコラムが投稿されました。前回の「2021年上半期によく読まれたアユダンテコラムは?」に引き続き、下半期によく読まれたコラムTOP5を発表します。

*下半期コラムの選出方法について
期間:2020/7/1-12/5
抽出方法:2020/7/1-12/5にアップされた記事を対象にページビューの多いTOP5を選出。

第5位:[GA4] 拡張計測機能のパラメータがデフォルトのディメンションとして使用可能に

2021年11月5日公開、データソリューションコンサルタント土屋のコラムがランクイン。

GA4の拡張計測機能は、事前に定義されたイベントを自動で計測できる機能。どこで利用できるのか、どうやって活用するのかについて解説しています。

著者コメント:
GA4の正式リリースから約1年経過し、本格的に導入を開始された方が増えていると感じます。こちらは11月の記事ですが短期間で多くの方にご覧いただき、実際に使用を開始された方が増え関心が高まっているのだと感じます。ご覧いただきありがとうございます。

第4位:Google アナリティクス4プロパティ有料版 最新情報レポート(2021年10月7日)

 

2021年10月11日公開、チーフエグゼクティブコンサルタント山浦のコラムがランクイン。

本コラムでは、2022年日本でのローンチも期待される「新アナリティクス360(Google アナリティクス4有料版)」の新情報にて注目される新機能を筆者ならではの予測視点で紹介しています。

著者コメント:
GA4有料版の関心の高さがうかがえますね。今後の最新の情報をいち早くお届けできるようにしていきます。

第3位:レスポンシブ検索広告への移行に役立つデータポータルのテンプレートの使い方

 

2021年9月7日公開、チーフSEMコンサルタント寶のコラムがランクイン。2022年6月30日以降、Google広告の拡張テキスト広告の作成や編集ができなくなり、これに伴ってレスポンシブ検索広告への移行がGoogleから推奨されています。

このコラムでは、レスポンシブ検索広告の移行に役立つ検索広告のテンプレートの使い方をご紹介しています。

著者コメント:
ありがとうございます。レスポンシブ検索広告への移行は2022年6月30日まで。まだ手を付けていない…という方はぜひチェックしてみてください。

第2位:GTMでGoogleアナリティクスのクリックイベントを設定する方法(1)

 

2021年9月1日公開、デジタルマーケティングエンジニア田中のコラムがランクイン。GTMでGoogleアナリティクスの「クリック計測」を設定する方法について紹介しています。

クリック計測に苦手意識を持っている方にお勧めしたいコラムです。

著者コメント:
“コラム内の「CSSセレクタが難しいあなたへ」という部分は、CSSセレクタ指定が出来なかった頃を思い出しながら、「なるべく易しく」をモットーに書きました。参考になっていれば嬉しいです。”

第1位:GTMでGoogleアナリティクスのクリックイベントを設定する方法(2)

 

2021年9月3日公開、下半期一番読まれたコラムはデジタルマーケティングエンジニア田中の「GTMでGoogleアナリティクスのクリックイベントを設定する方法(2)」となりました。

本コラムでは、ユニバーサルアナリティクスのクリックイベントタグの設定方法と、GAのリアルタイムレポートで確認する方法について紹介しています。

著者コメント:
想像以上にクリック計測の記事に反応をいただき驚きました。GA4が盛り上がっていますが、まだまだユニバーサルアナリティクスの需要もありますね。今後も「GTM初心者シリーズ」を充実させたいと思います!

終わりに

いかがでしたでしょうか?
2021年上半期、下半期それぞれにランクインした記事のテーマを見ると…このようになります。

2021年上半期
第1位:Facebook広告
第2位:Googleタグマネージャー
第3位:Googleアナリティクス4
第4位:SEO
第5位:Googleタグマネージャー

2021年下半期
第1位:Googleタグマネージャー
第2位:Googleタグマネージャー
第3位:SEM、データポータル
第4位:Googleアナリティクス4

第5位:Googleアナリティクス4

昨年に続き、GoogleタグマネージャーとGoogleアナリティクス4がとても人気がありましたね。特にGoogleアナリティクスに関しては、GA4有料版の情報も出はじめた一方で、既存のユニバーサルアナリティクスがいつまで利用できるのか、という不安も出てきます。

また、Facebook広告のiOS対応、Google広告の拡張テキスト広告の仕様変更なども話題になり、至る所で大きな変化が起きていますが、アユダンテとしては、今後も引き続きお客様の有益となる情報をコラムとして、時に動画として公開していきたいと思っております。

2022年はどんなコラムが発信されるでしょうか?新たなメンバーも続々増えており、コラムのバリュエーションも豊かになってくることが予想されます。来年もどうぞご期待くださいませ。