Google アナリティクス for Firebaseレポートの見方と10種類のレポート解説

2020年04月10日
ライター:片岡 崇史

Google アナリティクス for Firebaseは、Google社が提供しているモバイルアプリ開発プラットフォーム「Firebase」の機能の1つで、無料で使えるアプリ解析ツールです。

Firebase SDKをモバイルアプリに実装すると、基本的なアプリの利用状況データが自動的に収集され、Firebaseコンソール画面内の「アナリティクス」(Google アナリティクス for Firebase)のレポートにデータが表示されるようになります。

Google アナリティクス for Firebaseには“Dashboard、“Events”、“Conversions”など10種類のレポートが用意されています。(※2020年3月時点)
Google アナリティクス for Firebaseのレポートは、左メニューのレポート名をクリックするとダッシュボードもしくは一覧メニューが表示され、一覧メニューから目的の項目をクリックしてやっと詳細レポートが表示されます。

Google アナリティクス for Firebase
10種類のレポート(左メニュー)とレポートの表示方法

「Google アナリティクス」という名称ではありますが、ウェブページ分析で慣れ親しんでいるGoogle アナリティクスのレポートとは全く違うため、分かりづらいと感じる方がいるかと思います。

そこで、Google アナリティクス for Firebaseに慣れていない方や利用を検討している方向けに、Google アナリティクス for Firebaseでのレポートの見方の説明と各レポートの解説を書きました。

Web担当者Forumへ掲載してありますので、ぜひお読みください。
Google アナリティクス for Firebaseレポートの見方と10種類のレポートを解説

この記事を書いた人
片岡 崇史
片岡 崇史
デジタルマーケティングエンジニア

前職ではウェブアナリストとして Adobe アナリティクスや アナリティクス 360 、Adobe タグ マネージャや タグ マネージャー 360 の設定、レポート作成を行う。またプログラムや JavaScript の制作など多くの Web の現場に携わってきた。趣味はコンサートやライブ鑑賞と街歩き。