『実践 Google タグマネージャ入門』でインタビューを受けました&紙の書籍として増補版が5/22発売!

2015年05月13日
ライター:畑岡 大作

昨年11月に出版させていただいた電子書籍『実践 Googleタグマネージャ入門』ですが、このたび(筆者的に)嬉しい報告が2つありまして、この場でお知らせさせていただきます。
アタラの岡田さまに著者インタビューを受けました」&「紙の書籍として増補版が出ます」!

  1. アタラの岡田吉弘氏からの著者インタビュー
  2. 増補版が5/22に発売されます(今度は紙と電子両方)

アタラの岡田吉弘氏からの著者インタビュー

いちばんやさしいリスティング広告の教本』を書かれた3人のうちの1人であるアタラ合同会社の岡田吉弘氏から、『実践 Googleタグマネージャ入門』について著者インタビューを受けました。現在、広告運用の情報サイトUnyoo.jpにて記事として公開いただいています。

『実践 Googleタグマネージャ入門』の動機や執筆の苦労した点、内容についてなど触れていただいています。
細かいことについては実際にインタビュー記事を見ていただければと思うのですが、岡田氏の話しやすさから、一番伝えたかった「敷居を下げたい」という最初の動機が表に出せて嬉しかったです。

増補版が5/22に発売されます(今度は紙と電子両方)

増補版については先のインタビュー記事でも取り上げていただいているのですが、紙の書籍として出版が決まりました!
発売は来週末の5月22日(金)で、すでにAmazonなどでも書影情報などが掲載始まっております。

内容は、旧版のままではなく、新UIの最新版対応のアップデートやテクニック集などを新たに設けた加筆を行っています。名前通りの「増補版」ですね。
また、今回も紙の書籍と同時に電子書籍もリリースの予定です。

  • 最新版の新UI(v2)に対応した内容へ、既原稿を更新
  • ケーススタディの追加
  • テクニック集の新設
  • 索引、用語集 などの追加

色々と増補した分もあるとはいえ、気付いたら256ページというボリュームになっていて驚きました。旧版は電子書籍でしたのでそこまでボリュームは意識していなかったのですが、けっこうガッツリだったんですね……。
ともあれ、初心者に向けた入門本としてまとまった解説書となっています。これから始めてみようと言う方は、ぜひ書店で見かけたらぱらぱらとめくって感触を確かめてみてください。皆さまのお役にたてれば幸いです。

この記事を書いた人
畑岡 大作
畑岡 大作
マークアップエンジニア

マークアップエンジニアとして活躍しながら昨今はGTMのスペシャリストに。日本初となる書籍を出版し、多くの顧客サイトのGTM設計、運用、アドバイスなどを行う。セミナー登壇も多数。好きな物はラノベ、ゲームからラーメン、万年筆(のインク)と幅広い。

最近書いた記事
著書