Googleの検索結果に新型コロナウイルス感染症関連お知らせを表示できるようになります

2020年04月03日

新型コロナウイルス感染症による営業時間の変更、閉店やイベントの中止が増えています。それらのお知らせをユーザーにより早く届けるため、GoogleがCOVID-19に関するアラートを検索結果に表示できる機能を提供するとのアナウンスがありました。

例えば、以下のような特別なお知らせを表示できるようになるそうです。

  • 屋内退避指令に関するお知らせ
  • 閉鎖に関する通知(学校や公共交通機関の閉鎖など)
  • 検疫に関するガイドライン
  • 渡航制限
  • 新しいドライブスルー検査機関に関する通知
  • イベントの開催方法変更(オフラインからオンライン)やキャンセルに関するお知らせ
  • 営業時間の変更やショッピングの制限に関するお知らせ
  • 感染拡大の統計情報と地図
  • COVID-19 関連の検査施設に関するお知らせ

上記のようなお知らせを検索結果に表示させるためにはSpecialAnnouncement」の構造化データのマークアップ実装が必要です。

以下、Googleが用意した学校閉鎖お知らせマークアップの例です。

SpecialAnnouncementの構造化データのJSONマークアップ例

お知らせを検索結果に表示させるためには、GooglebotがクロールできるブロックなどされていないページにGoogleヘルプ通りにSpecialAnnouncementの構造化データのマークアップを行い、必須項目をすべて含める必要があります。
更に構造化データに関する一般的なガイドラインとウェブマスター向けガイドラインに準拠している必要があります。

構造化データマークアップ実装後、構造化データテストツールでエラーや報告がないことを確認します。
※未だ構造化データ テストツールが「announcementLocation」 プロパティを認識しないためエラーが表示されますが、ツールが更新されるまでは、このエラーを無視して良いとのこと。

こちらの機能は今現在ベータ版でまだ検索結果に表示されておりませんが、近日中に表示されていく予定です。必要に応じてマークアップの準備を進めつつ、念のためGoogleのヘルプの記載に変更がないか確認すると良いかと存じます。

また、Googleマイビジネスの投稿より「COVID-19の最新情報」の投稿を追加できるようになりました。

Googleマイビジネスの投稿のメニューへ「COVID-19の最新情報」メニューが追加

例えば、営業時間の変更、リモートワークをしていてオフィスにいないことなどを共有できます。
詳細情報はマイビジネスヘルプにて確認できます。

この記事を書いた人
コガン・ポリーナ (Polina Kogan)
コガン・ポリーナ (Polina Kogan)
SEOコンサルタント

SEOだけでなく、Google アナリティクスや広告の知識も生かしたコンサルティングを得意とする。グローバル案件も含め、数多くのプロジェクトを担当、女性コンサルタントとして活躍中。ロシア出身、英語、日本語、ドイツ語など6か国語を操る。

著書