Quick DMPに新機能!チャットワークとSlackへQuick DMPレポートの配信が可能になりました

2018年02月28日
ライター:加藤 賢之

「Tableauのダッシュボードはスゴイけど、もっとカジュアルに社内のみんなにデータを活用してもらい、データドリブンなマーケティングを実践して欲しい」

こうしたQuick DMPのお客様の声をもとに、Quick DMPサービスは日本市場で2大ビジネスチャットツールと呼ばれる「ChatWork(チャットワーク)」と「Slack」へのレポート配信に対応し、マーケティングやセールス活動に携わるより多くのチームメンバーと、データドリブンなコミュニケーションを可能にしました。

またTableau Online上のTableauワークブックを任意のGoogleドライブのフォルダへ自動保存する機能を追加。本機能により、ワークブックをアーカイブし保存する事が可能となります。

今回の追加機能はTableau ServerおよびTableau Online上のTableauワークブックが対象となります。

Tableau ServerおよびTableau Onlineの導入やライセンスのお見積もり、ご相談はこちらからお願いいたします。

具体的な機能追加は以下の通りです。

Slackへの対応内容

  • Slackの任意のチャンネルへTableauダッシュボードの自動配信
  • 現在配信可能なファイル
    • PDF
    • PNG
  • 配信スケジュールの設定
    • 設定単位(毎分、時、日、週、月、年および特定曜日)
    • 開始日時
  • 配信先(複数Slack接続/複数Slackチャンネル/複数Slackユーザー、複数Eメールアカウント、複数FTPアカウント)は全て同時配信が可能
  • 複数Tableauサイト対応(Tableau Server, Tableau Online)
  • 配信済みダッシュボードのオンデマンド更新(Slack内でのリロード機能)

現在社内でご利用中の任意のSlackチームへの接続も可能ですし、新たにSlackチームをご用意する事も可能です。無償プラン・有償プランのどちらでも対応可能です。

Slackに関してはこちらでご確認ください。

チャットワークへの対応内容

  • チャットワークの任意のルームへテキストベースのTableauレポートを自動配信
  • 現在配信可能なファイル
    • テキストベースのレポートのみ
  • 配信先
    • 複数ルーム

※今後ChatWork API側のバージョンアップ・機能追加次第で、ダッシュボード画像の配信やTableauワークブックなどの配信も可能となります。

ChatWorkに関してはこちらでご確認ください。

Googleドライブへの対応内容

  • Googleドライブの任意のフォルダへ各ファイルの自動配信および保存
  • 現在配信可能なファイル
    • Tableau形式(twbx, twb)
    • PDF
    • PNG

※ 本機能はTableau ServerもしくはTableau Onlineをご利用中もしくはご利用予定のお客様向けとなります。
Tableau DesktopやTableau Readerのみを用いての自動配信機能の提供はございません。
Tableau Onlineは弊社のQuick DMPサービスとしてのご提供となり、弊社アユダンテ保有のTableau Onlineアカウントを貸与する形での機能提供となります。詳細は弊社までお問い合わせください。

これまでもTableau Online上のワークブックはTableau Onlineの機能を用いてアカウントを保持する1ユーザーのみがEメール経由でサブスクライブ(購読)出来ていましたが、本Slack対応により、Slackを経由したワークブックをQuick DMPへ登録した複数のEメールユーザーへ配信する事ができるようになります。

Quick DMPサービスの詳細は、こちらをご覧ください。

Quick DMPサービスやTableau製品の導入に関するご相談はこちらからお願いいたします。

この記事を書いた人
加藤 賢之
加藤 賢之
データビジュアライゼーションコンサルタント

Quick DMPサービスとTableau関連業務を担当。入社してすぐに新サービスの開発、ローンチを担当。過去には複数の外資系BIベンダーにてコンサルタント職を担当。サイクリング、フットサル、ビール(IPA)をこよなく愛する。